必要とされるアニメーターになるための方法

必要とされるアニメーターになるにはどれだけの力があるかが大事になってきます。やはり、一番必要なのは画力です。それに加えて仕事の依頼者の意図に沿った絵を描くことが出来る理解力や柔軟な対応力が必要です。その場合、やはり大学、短期大学や専門学校に行き、美術、デザイン系およびアニメーションの専門スキルをきっちり学ぶことが一般的な方法になります。アニメーターになるには資格を求められることはありません。必要なのは先ほども書いた「画力」と「絵を書くことが好き」と言うのが大前提で、「忍耐力」も必要になってきます。また、画力があって、絵を描くのが好きだとしてもいきなりフリーでアニメーターになるというのは難しいと思いますので、まずはどこかの制作会社に入社して経験を積み成長していきましょう。

アニメーターの仕事内容とはどのようなものがあるのか

アニメーターという仕事は、アニメ制作における最も重要なアニメの絵を描くことが仕事で、動画や原画などを担当します。一般的には動画担当からスタートして、経験を積み実力を上げ、認められることで原画担当から作画監督からキャラクターデザインという感じでステップアップしていきます。動画担当とは、原画の差異を壊すことなくテレビなどに載せる綺麗な線を引いていく事から始まります。線がガタガタだったりした場合は当然載せることは出来ないのでやり直し、商品としてのラインをクリアしないと使うことはできません。ある程度の経験を積んだのち、原画担当に上がります。原画担当は絵コンテから背景付きの配置絵を描いたり、動画にするキャラ絵を最初から書いたり出来る幅が広がります。当然のことながら広がるので色々な絵に対しての画力が必要となってきます。更に上の作画監督になると本の絵やキャラクターデザインも担うようになります。

アニメーターになるために給与や就職・活躍出来る場所を知っておこう

アニメーターの給料は基本的に完全歩合制の場合が多いです。給与制の場合は雇用形態が正社員や契約社員でない限り月給○○円と言った固定給を貰える方が珍しく、仕事の数に応じた報酬という形が主流です。仕事単価が低いため、給料を稼ぐには大量に絵を描く必要があります。新人のうちは頑張っても月に5-10万円位しか稼げない人もたくさんいます。生活基準になるまでには時間も労力もかかりますので、アニメーターとして働く前にある程度、自分自身で貯金をしておくことを勧めます。アニメ関連会社には、大きく分けて専門スタジオ、グロス請け、元請けがあります。会社の規模としては専門スタジオが一番小さく、元請けが一番大きい会社になります。賃金に関しては仕事をした分に応じて支払われる完全歩合制が殆どになります。一定額の保障も一切ないので、気をつけなければなりません。経験を積んだのちフリーランスになる方法もあります。