人気アニメーターとなる為のステップアップ方法

日本のアニメ界は今では海外でも絶賛されるものとなっています。そんなアニメを作る仕事、アニメーターになろうと考える人は多くいらっしゃいます。しかし、アニメーターになるために必要なことは何か、またアニメーターになるためのステップアップ方法にはどのようなものがあるか知らないという人が多くいらっしゃるのが現実です。意外とアニメーターになるためにやっておかなければいけないことは多くありますのでもしそういった職種に就きたいと考えているのであれば早めに行動に移すことが大切と言えます。この仕事には特に資格や学歴が必要になることはありません。ですが、その分多くの技術が必要とされます。その一つが画力です。これはこの仕事を目指すために絶対的に必要な条件と言えます。デッサン力を磨くにはどうすれば良いかをまずは考えなければいけません。

アニメーターになるために画力を磨くにはどうするか

アニメーターになるための画力を磨くにはまず、美術系の大学か専門学校を受験しましょう。そこで絵を描く力であるデッサン力と、アニメを作るために必要な画面構成力などを身に着けるようにします。人よりもちょっと絵が描くのがうまいからと言ってアニメーターになれると勘違いしてしまう人がいらっしゃいますが、ただ絵を描くのがうまいだけではプロのアニメーターになるには程遠いです。アニメを作るにはその内容の面白さが付いてこなければどんなに絵がうまくても誰も見たいと思わないですよね。最低限、そういった実力を身に着けるようにすることをおすすめします。アニメを作るための専門学校や大学に受かることがこの仕事に就く最初の一歩です。そして専門分野を存分に学ぶことができたら、次はアニメを作る制作会社に就職するようにします。

アニメーターの制作会社を探して就職しましょう

学校で技術を多少勉強したところで売れっ子のアニメーターになれるわけではありません。次はプロの側についてあらゆる知識を身に着けるようにしていきます。アニメ制作会社に就職したりアルバイトなどで働くことがおすすめです。このアニメ制作会社は入った最初はとても過酷な労働になることは間違いありません。ですので、技術力と同時に忍耐力や、体力も身につけておく必要があります。最初のころは残業が多かったり、また給料が安かったりとかなり大変な現場となり、せっかく入社できた夢の場所なのにすぐやめてしまう方も多いです。自分がそういったことにならないよう体力と忍耐力はしっかりと身に着けておくほうが良いです。他にもデッサン力と同時にコンピューターを使えるようにすると良いです。アニメの世界もコンピューター化が進みアニメーションを描くときも手書きではなくパソコンでやるところが多いからです。