アニメーターにおススメの機能とサービス

日本のアニメーションは、アニメ文化として認知され海外に輸出される成長産業となっています。このアニメーション作りにかかわる仕事の中で、アニメーターという職種があります。仕事は、アニメのキャラクターやシナリオなどから動きを絵に描く作画担当です。製作工程で重要な機能とポジションを担っています。アニメーターが描く作画には動画と原画があり誰もが動画製作からスタートし原画の製作担当、そして作画監督へと続く道程がスタンダードのようです。アニメーターの絶対条件は絵を描くことが好きで得意なことです。描画を通して人々にメッセージを発信、共感させるというやりがいを大前提に成り立っていたアニメーターですが労働環境改善が求められ、アナログから新しい機能やサービスを備えたデジタルの取組みが加速しています。

アニメーターに必要な仕事の条件や知識について

アニメ業界には、製作会社に就職しサラリーマンとしてアニメーターの仕事を行なう人がいる一方で、会社に所属せず個人事業主のアニメーターとなり、生計を立てている人が大勢います。個人事業としてアニメビジネスを進めていく場合、業務契約先であるアニメ製作会社から製作依頼を受けてアニメの作画を描き、納品し報酬を得る仕組みとなります。この際、必要となる仕事を管理する能力と知識が必要になってきます。作画活動の時間は自分の裁量で決められますが、収入や税金など対応業務は全て自己管理となります。また、日頃より契約先との交流が不可欠であり、受注した仕事の納期は厳守しなければ信用を失うこととなります。このように個人事業のアニメーターは描いた作画が評価され話題になると生活は安定しますが、そのリスクを十分把握しておくことも必要です。

アニメーターを目指すために知っておくべきこと

アニメの世界でアニメーターとして仕事をしていくためには、アニメーターを目指す段階から作画を描くデッサンや構図の基礎を身に付けておく必要があります。単なるアニメを描く事が好きなだけでは通用しない厳しい業界なのです。そのためには、美術専門の大学やスクールに進学し専門家の指導を仰ぎ、知識と技術を高めることです。その後、即戦力としてアニメ製作現場で働くには、アニメ製作会社等に就職する方が良いと考えます。まず製作現場で与えられたタスクに取組み、アニメ製作の全貌を把握することも大事です。作品を通じてアニメーター以外の職種とその内容を知れば、アニメーターとして又人として幅が拡がり、仕事の質が向上します。従って、在学中や普段より、アニメ以外にも他の美術や文化に興味を持ち資質を磨く努力が大切です。