アニメーターとはどんな職業かを知る方法

アニメーターとは、原画に基づいて、アニメーションとしてそれを動かして見せるために、原画と原画の動きをスムーズに繋がるように、一枚ずつ描き起こして行く仕事をする、アニメ制作の専門職のひとつです。アニメーション制作現場には欠かすことができない動画家とも言われる人達です。原画の元を損なわずに絵を動かしていく必要があるので、非常に緻密な仕事を要しています。昔は手作業でしたが、近年になってからはこういった作業を、コンピューターを介してする現場が多いですので、コンピューター知識も広く求められるようになってきています。アニメーターとして動画担当をした後のステップアップとして、原画担当、作画監督などへと経験を積んで行くことを目指す人が多いです。近年の日本におけるアニメブームは、この人達の働きで成り立っていると言えます。

アニメーターはアニメが好きなことから目指す人が多い職業です

日本のアニメは海外においても人気が高く、アニメ産業としても確立しています。そのために、アニメが好きなことが入り口となって、やがては制作現場で活躍をしていけるアニメーターを目指すようになった人も多いでしょう。これは何も日本だけに限ったことではなく、外国人の方でも日本のアニメを過去に見たことからファンになって、自分もアニメーターを目指すようになったという人は増えています。アニメの制作現場でも、そういったアニメの仕事をする外国人に対して、外注を出すことも近年では増えているようです。アニメーターになりたい場合は、デッサンやクロッキーなどの絵の勉強を基礎にされてきた人が多く、原画への正確さと緻密さが求められている以上、就労するための条件になっていることは多いです。そのため、専門学校や通信講座などで、一定レベルの絵を描ける技術力を持っている人が多いです。

アニメーターは制作現場で扱う必要があるパソコンスキルも必要です

近年のアニメ制作現場では、イラストを描く時からパソコンを使って作業にあたることが当然になっているところが多いです。アニメブームも手伝って、以前よりも数多くのアニメが量産されている現状を見れば、ますます緻密な作業を膨大にこなす必要がありますので、昔のようにそれら全てを手作業ですることはもはや困難になっています。人の手を借りるところと、コンピューターで作業させるところを上手に使い分けて、クオリティの高い作品を作って行くのが近年での現場です。そのために、アニメーターになるためには、制作で必要となる最低限のパソコン操作の能力というのは、やはり条件となります。イラスト専用のソフトを使いこなす勉強が求められますし、アニメーター育成専門学校などでも課題のひとつに組み込まれているでしょう。このようにアニメーターになるためには、必要最低限のパソコンスキルも条件となっているので勉強は必要です。