アニメーターが人気職業かを知る方法

漫画やアニメのイベントが世界各国で開催されるようになり、日本のアニメ作品も賞にノミネートされることが多くなりました。それによって注目度が高まったことで、アニメブームが沸き起こっています。そのため、アニメを作りたいとの思いを抱えた若者が増えています。企業などのアンケートによると、最近はアニメーターが上位にランクインしていることが多くなっており、いかにアニメーターが人気職業なのかが分かります。アニメーターとは、キャラクターや背景といった動きを1枚ずつ描いていくお仕事です。静止画とは異なり、1秒の間に何千枚という膨大な絵が必要となるので、かなり手間がかかる仕事となります。アニメは企画から、シナリオ、仕上、撮影などの工程を経て完成しますが、その中の作画を主に担当しているのがアニメーターです。

実力が試されるアニメーターになるのに必要なもの

とにかく実力主義のアニメーターの世界では、基礎を学んでいることが大切です。専門学校などに通って基礎を十分身に付けた上で、スタジオや制作会社に就職をします。しかし、基礎を学んだからと言って即戦力として働けるわけではありません。場合によっては学校で学んだ内容が全く通用しないことがあります。実際に現場で、プロとして通用する知識や技術をしっかりと学ぶことが大切です。しかし、専門学校に通っていなくてもアニメーターになれることもあります。スタジオや制作会社に、自らの作品を売り込むこともアニメーターへの1歩となります。実力や運を兼ね備えているのも、アニメーターになるのに大切な要素となります。晴れて憧れのアニメーターになれたとしても、待遇面は厳しいものがあります。一般的に給料が安く激務とされているので、それに耐えられる精神力と強い思いが必要です。

画力と忍耐力が必要なアニメーター

アニメーターになるには、とにかく画力が必要です。しかし、画面構成力やデッサン力などさまざまな角度からの画力が必要となるため、ただ人より絵が上手い程度では通用しない厳しい世界となります。今はまだレベルが備わっていなくても、専門学校などに通うことで画力は向上するので心配はいりません。動画から原画へとレベルアップするためには、デッサン力はもちろんセンスも重要な要素となります。そして憧れのアニメーターになれた時には、とにかく忍耐力が必要です。制作現場はとにかく過酷だと言われています。下積み時代は給料も安く、長時間労働が続きます。とにかくアニメが好きで、毎日繰り返しばかりの作業に耐えられる力と、長時間労働をこなすことができる体力と健康な身体を持っている必要があります。

実際にアニメ作品の制作現場から様々なアニメーターを講師に招き、アニメ制作の様々なプロセスや要素を学んで体験する機会をご提供致します。 音楽制作やアニメーターなどクリエイティブな職を目指すなら